龍大9条の会シンポジウム「龍谷大学から『平和』を発信する」を開催しました

日 時:2016年4月25日(月) 17時30分開場、18時開会~20時過ぎ閉会
場 所:龍谷大学深草学舎和顔館B201教室
テーマ:パネルディスカッション「龍谷大学から『平和』を発信する」
パネリスト:
・赤松徹眞(学長、研究テーマの一つに仏教と政治・平和・アジアとの関係史)
・稲田啓祐(社会学部4年生)
・清水耕介(国際学部グローバルスタディーズ学科教授、国際関係・暴力論・政治思想を研究)
・白石正久(社会学部臨床福祉学科教授、障がいのある子どもの教育について研究)
・寺川史朗(法学部法律学科教授、憲法学なかでも教育問題を研究)
・野田沙良(龍谷大学国際文化学部卒業生、特定非営利活動法人アクセス―共生社会をめざす地球市民の会、理事・事務局長)
※コーディネータ 奥野恒久(政策学部教授、憲法学専攻)

シンポジウム「龍大から『平和』を発信する」、無事終了いたしました。お越しくださった皆様、ご来場ありがとうございました。おかげさまで160名以上の方にお越しいただき、さまざまな視点から「平和」について考える有意義な機会となりました。
パネリストの皆様、ご来場いただきました皆様どうもありがとうございました。

当日の写真は、龍大9条の会ツイッター、共催の学生団体ARAWのツイッター・フェイスブックにも掲載されています。ぜひご覧ください。
龍大9条の会ツイッター:@ryudai9jou
ARAWツイッター:@ArawNowar
ARAWフェイスブック:https://www.facebook.com/ARAW7.15/

さて、今年も昨年に続き、「憲法カフェin 龍大」を開催します。
憲法カフェは、大規模な講演会ではなく、学生が一つの社会的テーマについてお茶を飲みながら語り合おうという趣旨で、龍大の教員も少し手伝いますが、基本的には学生自らが疑問や意見を出し合って考えてみようというイベントです。
通しで4回目となる今回のテーマは「教育」。
今大学はとても厳しい状況に置かれており、国家による教育への介入や、学生の教育をめぐる支援の乏しさは増すばかりです。18歳選挙権も認められた今、教育の現場で社会のこと政治のことを語る機会は増えざるを得ませんが、そんなとき教育の現場ではどうやって「政治」を取り上げていけばよいのでしょうか。巷でよく言われる「中立」ってなんでしょうか。そんなホットな話題を、「教員」「おとな」目線ではなく、「学生」「若者」目線でざっくばらんに語ってみよう。そんな企画となっています。
詳しい日時場所は、以下の通りです。チラシも添付いたしますので、拡散・宣伝をよろしくお願いいたします。

憲法カフェ in 龍大第4回
5月12日(木)17:00~
テーマ: 「教育の政治的中立性とは?」
場所:龍大深草学舎・和顔館1階スチューデントコモンズ(深草図書館の向かい)出入り自由です!
*コーヒーと紅茶を用意しています。

龍大9条の会を今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。